アルコールとどのように付き合えばいいのか?

以前、次のようなご質問をいただきました。

アルコールとどのように付き合えばいいですか?

まず、結論から言いますと
お酒は砂糖と同じ性質を持つ糖分です。


なので、砂糖であれ、お酒であれ、
体内に入ると糖として同じ反応が起こります。


つまり、お酒が体内に入ると
精製白砂糖と同じように吸収がかなりよいため酔ってしまいます。


また、砂糖と同じようにお酒を飲みすぎると
またすぐに飲みたくなるという常習性があります。


お酒は適量であれば気分転換になりますが、
飲みすぎると思い悩むことが多くなります。


なぜかと言うと、お酒は糖なので
甘いものの取りすぎは脾臓を弱めてしまい、
脾臓は、「思い」の臓器だからです。


また砂糖をとりすぎると体がゆるみ、
水はけが悪くなるのと同様に
お酒を飲みすぎるとむくみやすくなります。


では、お酒の量を減らしたりお酒をやめるには
どうすればいいのでしょうか?


「塩分の摂取量を控える」と「肉の摂取量を減らすこと」です!


お肉を食べすぎると体内がどんどん熱くなっていきます。


肉は「極陽性」の食べ物で熱くする性質があるからです。


熱くなりすぎた体はその熱を冷ましたいので
水分をたくさんとるようになります。


ビール、ワイン、日本酒などは水分で、
しかも常習性があるため、
お酒が飲める人は水よりもお酒に走ってしまうわけです。


お酒とうまく付き合う方法


1  まずは3日ほどお肉を控える
一時的にお肉をやめることで
水分をとりたいという欲求をコントロールして、
その後、お酒の量をコントロールする。


2  お酒のおつまみを工夫する
お酒の飲みすぎでむくんでいる場合は、
発汗と利尿作用のある辛味野菜
(大根、玉ねぎ、長ネギ、ニラ、にんにく、しょうがなど)をとって、
体内にたまっている糖分と水分を排泄します。

また、お酒の飲みすぎて弱っている腎臓と肝臓にいい塩辛いもの
(貝類、海藻類、みそ、しょうゆなど)や酸味のあるもの(酢など)もおすすめです。

お酒をやめると

・むくみが解消します
・気分のふさぎこみがなくなり、疲れにくくなります

(参考)

コメント

タイトルとURLをコピーしました