【学び方001】あらゆることをより早く学ぶ

学び方

Photo by Tadeusz Lakota on Unsplash

私は現在、学校で教えています。

しかし、テクノロジーが進化している現在、生徒に「何かを教える」ということにあまり意味を感じなくなりました。何故なら、知識を得たいのであれば、優秀な動画を無料で入手することができるからです。

私が現在一番関心があるのは、「学び方を学ぶ」ことです。

その方法をわかりやすく興味深く教えてくれているのが、Jim Kwikという脳トレコーチです。

現在、彼の本を読んでいるのですが、同時に彼のpodcastも聞いています。

これから、しばらくの間、Jim Kwikのpodcastを聞いて学んだことを、このブログでシェアしたいと思います。

現在、私の多くの生徒と同じように、どのように勉強すればいいのか悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

第1回目は、語学やスキルを早く学ぶ方法についてです。

podcastはこちら

これらを早く学びたければ、FASTを覚えましょう。

FASTのFは、Forget。つまり、「忘れる」ということです。

あなたがすでに知っていることについて忘れましょう。過去の知識に縛られないで、オープンマインドで学ぶことで、より早く学べるようになります。

また、複数のことを考えないで、1つのことに絞り込みましょう。

さらに、自分の限界について忘れましょう。かつての私のように、自分には暗記力がないと思い込んでしまうような限界を取り払いましょう。

FASTのAは、Active。つまり、「能動的になる」ということです。

従来の学校のような、情報を受け取るだけでは、何も学ぶことはできません。情報を発信して、能動的になる過程で学ぶことができます。

具体的に能動的になるには、

質問をしよう

メモを取ろう

FASTのSは、State。つまり、心の「状態」です。

「情報」× 「感情」=「長期記憶」

情報と感情が合わさることで、長期記憶になります。

具体的に、あなたの状態をよくする方法は、

・姿勢や呼吸を整えること。

全ての学びは、状態に依存しています

FASTのTは、Teach。つまり、「教える」ことです。

何かを教えることで、その2倍を学ぶことになります

学校は、まもなく2021年度を迎えます。

2021年度は、生徒たちに教科の内容だけではなく、Jim Kwikから学んだ「学び方」を一つずつ伝えていくことにします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました