この食べ物を食べすぎると朝の目覚めが悪くなります

健康

朝、目が覚めたらパッと起きられますか?


実は、前日の晩に体をゆるめるものを食べ過ぎると
翌朝起きるのがしんどいことが多々あります。


ゆるめる食べ物とは、

甘いもの、果物、お酒

です。


目が覚めてもパッと起きられないということは
体をゆるめすぎてしまって起きられないということです。


なので、甘党の人は寝たきりになる可能性があります。


お酒や甘いものはくせになるので
ついつい摂りすぎてしまいます。


これが体のむくみを作ってしまいます。


また、甘いものを食べ過ぎると
を傷めてしまいます。


腎は、思考・記憶を司るところなので
腎が弱ると物忘れがひどくなります。


また、腎が弱ると腰の具合が悪くなります。


例えば、年を取ると、
腎が弱り、腰が硬くなります。


年を取ると、
昔のことは覚えているのに最近のことをすぐに忘れてしまい、
認知症になることもあります。

「うそー、甘いものが好きやのに、どうしよう😂」

と思われた方は
甘いものを食べるときは
腎を助ける塩や海藻類をいっしょに食べるといいでしょう。


例えば、
甘いぜんざいを食べるときには、昆布の佃煮とのセットにする、
甘いスイカを食べるときは、塩をちょっとふりかけると
腎を守ることができます。


昔の人の食べ合わせの知恵は理にかなっていてすごいですね!

まとめ

甘いものを食べ過ぎると腎を傷めてしまいます。
腎が弱ると、腰の具合が悪くなり、
物忘れもひどくなります。
なので、甘いものを食べるときは、
塩や海藻類をいっしょに摂るようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました