食事を変えることで運命が変わる

こんにちは。

今回は、私がワクワクしながら学びを深めた
望診法」についてご紹介します。

「望診法」とは

「望診法」とは、


東洋医学の主体となる診断法で、
その人の「顔」と「体」を見て、
その人の食べすぎているものや内臓の状態を診断して、
病気を予防する技術

です。


つまり、
顔の色、顔に出る吹き出物、シミ、ホクロ、肌荒れなどから
その人の「食べ癖」が引き起こす内臓の不調、
このままいったらどのような病気になってしまうかなどが
すべてわかってしまう技術です。


例えば、
顔が異常に白い人は
今までに乳製品をたくさん摂取していた可能性があります。

さらに、肺が弱っている可能性もあります。


なので、望診の知識があれば
自分の食べ癖を自分の体質に合った食べものに切り替えることで
様々な美容トラブルを改善させることができるだけではなく、
病気を未然に防げるようになります。


だから、望診を学び始めると
自分の体に何か症状が出てきたら
体がちゃんとサインと出して
自分の体を病気から守ろうとしてくれているのだと
思えるようになります。


実際、数年前に、
私の望診法の師匠に私の顔を見てもらったのですが
師匠から私の体の不調をどんどん言い当てられたときには、
もうびっくり仰天でした!!


私も師匠の神業に少しでも近づきたいと思い
2年間望診法をしっかり学んだことで
「マクロビオティック望診法指導士中級」に認定されました。


そして人の顔を見ることで
その人の内臓の状態が少しずつわかるようになってきました。

私が、メンターの望診法の授業で一番深く学んだことは

食事を変えることで血液が変わり
血液が変わることで意識が変わり
意識が変われば毎日の行動が変わり
その結果、自分の「運命」も変わる

ということです。


そう、食事が自分の人生を幸せにしてくれると言っても過言ではないのです。


本来、人間は楽しく生きられるようにできています。

しかし、そうできていない原因は
私たちの「食べ癖」にあるのだと
私は思います。


私は、望診法を学んだことで
一人でも多くの方とそのご家族、
そして私の周りの人たちが食べ癖をリセットして
よりよい人生を送っていけるお手伝いをしていきたいと
思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました