【本】シリコンバレー式よい休息

Photo by Sincerely Media on Unsplash

ここ数ヶ月、自分の休日の過ごし方が非生産的に思えてきました。

そこで以下の本を読んで、休息について色々考えることができました。

この本では、「戦略的休息」のパワーについて多くの著名人を例に挙げて説明しているので、非常にわかりやすく興味深く感じました。

結論から言うと、

労働と休息はパートナー

つまり、よい休息をとらなければ、よく働くことができない

ということです。

私がこの本で特に気に入ったところは、私が尊敬するウィリアム・ジェームズの言葉が何度も引用されていたところです。

例えば、

切望、荒い息、不安は強さの現れではない。それは弱さと悪い状態の現れなのだ。

という引用から、戦略的休息が穏やかさを養う助けになることがわかります。

この本を読んで、特に脳に焼きついたことは次のことです。

1日に重要な仕事に費やせる時間は4時間。

現在、多くの人が8時間以上の労働を毎日していますが、正直、生産性が上がらない働き方になっていると考えられます。集中力が途切れている状態で働き続けることは、時間とエネルギーの無駄使いになるし、またミスと危険と心身へ悪影響を及ぼすことになると考えます。

「戦略的休息」がもたらす効果

・無益な忙しさを避け、より重要なことに集中するのを助けてくれる

・人生を組み立てる助けとなり、それが人生を穏やかにしてくれる

・あなたの時間を増やしてくれる

・狭量や知識の偏りから人を守る

戦略的休息をとるために、日々のルーティンを決め、それを着実に実行していくことにします。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました